野古の男観音様と女観音様のお話し

昔むかしあるところに野古村といわれる村があり、石を掘った2体の観音様がありました。
片方の観音様を「男観音様」もう一方を「女観音様」と呼んで、村人に親しまれ、村のお祭りの日には、男たちは男観音様に、女たちは女観音様にお参りをする習わしとなっていました。
そうして2体の観音様は村の者たちを小さなころからずっと見守っていました。

その村に平助という男と、こよという女がおりました。
平助は働き者でしたがのんき者で、貰った嫁と上手くいかず、離縁して独り身となっていました。
一方こよの方はというと、負けん気が強く、嫁いだ先の家の者達と馴染めずに、離縁されて家に帰されていました。

ある日、平助は「平助どんは嫁を貰うときに男観音様にお参りしとらんじゃったろう」と言われ「確かにそうじゃった、これはいかんかった」と直ぐに男観音様にお参りするようになりました。
こよはというと、親が決めた嫁ぎ先に考える間も無く嫁いでしまったために、女観音様へのお参りができなかったのですが、家に帰されてからは、欠かさず女観音様へのお参りをするようになりました。

平助はある祭りの酒宴に集まった男たちから「平助どん、嫁が欲しいなら、村はずれに、こよちゅうおなごがおるぞ。口うるさい出戻りのおなごらしいが、のんきな平助どんにはお似合いじゃ」と言われました。
そして、村の女達も旦那からその話を聞いて、こよにも平助の話が伝わっていました。
村の者たちは2人を会わせようとしていましたが、平助もこよも迷っていました。

迷った末に、平助は「そうじゃ、男観音様にお参りに行ってみよう」と思いました。
平助は男観音様に一生懸命手を合わせ「オラの様な男に合うおなごじゃろうか、口うるさいというし、いや心配じゃぁ、どんなおなご様じゃろう」と何度も祈りました。
すると、どこからともなく声が聞こえて来て「そんなに心配ならば、村の反対側にある女観音に聞いて参ればよい」と云われました。
平助は腰が抜けるかと思うぐらい驚きましたが、きっと男観音様がそう云って下さったと思い、その足で女観音様に参る事にしました。
平助が女観音様に手を合わせ「こよというおなごはどんなおなご様じゃろうか、オラに合う人じゃろうか、男観音様に女観音様にお尋ねせよ云われたもんじゃから」と言うと、
またどこからともなく声が聞こえて来て「こよは良き妻なり、こよの声に耳を傾けることができるのならば、得難き良縁となろう」と云われました。
平助が頭を下げて男観音様の方へ戻ろうとすると、再び声が聞こえて来て「男観音は花が好きゆえ、花を供えておくれ」と云われました。
平助は云われたとおりに、男観音様にお礼に参る時に花を供えました。

一方、こよの方も迷った末に、女観音様に参ることにしました。
するとやはりどこからともなく声が聞こえて来て「村の反対側にある男観音に聞いて参ればよい」と云われ男観音様に参りました。
すると「平助は良い夫なり、相手を思いやる気持ちを持つことができるのならば、得難き良縁となろう」と云われ、また「女観音は花が好きゆえ、花を供えておくれ」と云われました。
こよも云われたとおりに、女観音様に花を供えました。
花を供えられた観音様はいつもより優しそうに微笑んでいるように見えました。

それからしばらくして平助とこよは結ばれました。夫婦で支え合い、いつの間にか村一番の長者になり、仲睦まじく豊かに暮らしていきました。

それからというもの、その話を聞いた者たちは、良縁に恵まれるようにと、花を持って観音様を参るようになりました。
「離縁をしたものであっても、再び良縁を結んで下さる観音様」という話は人づてに広まっていき、いつからか遠くの村々からも人が訪れるようになりました。
花々を手に、男は男観音様から女観音様に、女は女観音様から男観音様に参って、みな幸せを願ってお互いの観音様に参るようになりました。

いつも花々に囲まれるようになった2体の観音様は、優しい微笑みを浮かべて、皆の幸せをいつまでも見守っていました。

おしまい

—————————————————————————–

のこのしまアイランドパークに『恋観音』様が祀られていることはご存知でしょうか。
実は『縁結び』のお参りに訪れる方も多くなり、密かに人気のスポットになってきています。
喫茶『夢路』の横にある広場の先に『恋観音』様の祠があり、『縁結び』の願掛けに訪れる方が多いのですが、実は『思ひ出や』の横にも観音様が祀られています。
どちらも花を持たれて微笑んでいるのですが、観音様の表情から『恋観音』様が『女観音様』、『思ひ出や』の方が『男観音様』に見えます。
そして、両方の観音様には、毎日欠かすことなくお花が供えてあります。

若い女性やカップルで、ご来園時に『恋愛成就』の願掛けに訪れる方が多いのですが、実は特に『再婚』や『復縁』での良縁に恵まれる(恵まれた)ということで、年齢を問わずお参りに来られる方が増えています。
アイランドパークにお越しになられて『恋愛成就』『良縁結び』のお参りをされる際は、是非お花を手に、両方の観音様を参られてみて下さい。

Pin It on Pinterest

Share This